ウエルカムボードについて

ウエルカムボードを作成する人が増えてきています。これには2つの役割があり、一つは、おおきな結婚式場では数多くの結婚式が同時に行われている場合があり、何処で行われているのかがわからなくなる場合があります。こういった際にウエルカムボードがあるとすぐに会場を知ることが出来るのです。

また、会場がどういった雰囲気なのかを察知することが出来ます。アットホームなイメージなのか、オシャレな雰囲気なのかを伝える事が出来るのです。ウエルカムボードを作成する際は、あまり大きなものを作るのではなく、最大でA3サイズ程度にしましょう。

作る際には、オーダーをする方法と、自分たちで作成をする2つの方法があります。オーダーの場合は大体1万円程度であり、ちょっと特別な作りにすると2倍程度の金額になります。手作りの場合は金額も安いですが、手間がかかります。材料費を考えて、時間と相談をして計画的に作成をすることをお奨めします。

最近では、PCでDLをするだけで作成できるものも沢山あります。使用する用紙を高級にするだけで色鮮やかなものを簡単に作ることが出来ます。また、日曜大工のように木を使ったものもあります。板に布を張るだけで、立派なものが出来ますし、見た目も温かみのある印象になります。
シンプルに作ることも出来ますし、花を飾るとプロが作成をしたようなウエルカムボードを簡単に作成をすることが出来ますよ。

結婚指輪を購入する際の注意点ですが、よく指輪の値段は給料の3倍といいますが、実際は平均で40万くらいなんだそうです。ですので、そこはあまり気にしない方がいいのかと思います。また、最近の結婚指輪は、シンプルかつデザイン性が高いものが増えているようです。これから結婚生活を送るのに経済的に厳しくなってしまっては元もこもないと思います。あくまで男の意見ですけどね。本当に大事なのは、結婚生活のための指輪だということも念頭に入れておくことだと思います。

結婚式をリゾート地で二人だけで挙げました。もちろん2人だけですので両家の両親以外、参列者はいなかったのですが、チャペルを貸し切りに出来て、入場し、誓いのキス、指輪交換、賛美歌を歌い、そして退場をするまでの流れを一通り行いました。参列者がいなくても、ドレスやメイクにこだわったりして、自分好みにアレンジして行いました。オリジナリティ溢れる、思い出に残る結婚式になりました。親にもゆっくりと私たちの門出を見せることができたので良かったと思います。

アイテムを作るタイミング| ウェルカムボードを安く作る| ウェルカムボード作成の節約ポイント|
結婚式当日の受付をしている間は時間が結構余ってしまいます。| 手作りウェルカムボードについて| サイトマップ